logo logoword
栏目图片

元妙(1238年―1295年)

2018年05月10日

原妙は、南宋の嘉熙二年(1238年)に生まれ、号高峰で、俗姓は徐であり、江苏省呉江人、临済宗は、天如惟则の师祖である。十五歳になって出家して、杭州清浄寺で修行して、また断桥妙论を参加した。宋代が灭びた後、西天目山に入りて修行した。1274年には狮子正宗禅寺を建て始め、日本の临済宗永源寺派の発祥地の一つである。その後、天目山狮子岩の脇に小室を建てて「死関」と呼ばれ、この「死関」で十五年修行した。三つの疑问(三関)を设けて学者を试し、「高峰古仏」と呼ばれる。原妙は57歳(1295)时は円寂で、海抜が970メートルの狮子岩(狮子岩は西天目山の主峰の仙人顶から约600メートル余りの隔たりの山腹の中に、ライオンのような形である。お坊さんは仏が西洋から来ると思いし、狮子岩を座としていました。)元成宗の鉄穆耳は「仏日和広済禅师」を赠った。清世宗の雍正御制『宗门真脉』で、原妙は临済宗五十祖とされる。


友情链接: 网师园| 沧浪亭| 拙政园| 石湖| 枫桥景区| 苏州市植物园| 耦园| 天平山风景区| 星苏游| 苏州市园林绿化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1 ??苏州狮子林管理处 版权所有 网站建设:苏州苏恒网络科技有限公司 ?? 电话:0512-62992190