logo logoword
栏目图片

惟则(1286年―1354年)

2018年05月10日

号天如、则公、俗姓谭、江西省庐陵永新人(现江西省莲花県桃岭)。若い时は海印如禅师に荐められて禾山甘露寺に入り、二十歳に天目山に入り、临済宗の中峰坊主に従った後、仏心はだんだんと広く、学问は深くなった。18年後、松江九峰で足迹を隠した。至正元年(1341)苏州に来て、师匠の明本が创立した幻住庵に住んでいた。翌年、僧侣が募金を集めて、苏州の城东に廃弃した宋代の官吏の园を买って、「古木の茂みは山の中みたい、静かでかわいい」だから、狮子林を建てた。惟则は狮子林の一つ目の先生となりました。彼は仏法を深く通暁して、浄土の法门に対する疑惑を破って、唯心浄土の旨を提唱して、禅の清双修之法を広めして、禅浄融合を推进して、元顺帝勅に「仏心普遍済文恵大弁禅师」の尊称に与えられた。浙江天目山に彼の金身の塑像を供养します。彼の一生において着作は多く、「浄土或问」、「楞厳会解」、「宗乗要义」、『精要语録』、『十戒図説』、『狮子林别録』、『天如集』などがある。禅师の着作は仏学の重要な文献で、诗文もよく、元代の有名な文学者である。


友情链接: 网师园| 沧浪亭| 拙政园| 石湖| 枫桥景区| 苏州市植物园| 耦园| 天平山风景区| 星苏游| 苏州市园林绿化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1 ??苏州狮子林管理处 版权所有 网站建设:苏州苏恒网络科技有限公司 ?? 电话:0512-62992190